Home > 日記 > Windows Phone 7

Windows Phone 7

  • 2010-10-12 (火) 14:27
  • 日記

iPhoneがスマートフォンのイニチアティブをとって数年、やっとマイクロソフトが本格的に動き出しました。これで、スマートフォンビジネスもさらに拡大していくことになりそうです。

2010年、買うならiPhone、頑張って欲しいのはAndroid au IS03、どこまで追随できるか気になるのが、ドコモから発売される、サムスンのGALAXY SWindows Phone 7といったところですかね。

auが投入するIS03は、徹底して“日本”にこだわったスマートフォンだ。既存のケータイユーザーが必要とする赤外線、ワンセグ、おサイフケータイ、さらには緊急地震速報にも対応。これまでスマートフォンは欲しかったが2台も持ちたくないというユーザー層を狙う。

 米マイクロソフト(MS)は11日、新開発の携帯電話向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・フォーン7(セブン)」を搭載した高機能端末を10月21日以降、世界で順次発売すると発表した。高機能携帯電話市場では、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」や、米グーグルが開発したOS「アンドロイド」を搭載した端末などが競っている。マイクロソフトの本格参入で、競争は一段と激しくなりそうだ。

 日本でも発売に向けて準備を進めているが、具体的な日程などを公表したのは、11月8日以降の発売となる米国だけ。同国では、通信大手AT&Tを通じ、台湾のHTC、韓国のサムスン電子、LG電子の計3製品をそれぞれ199ドル99セント(約1万6600円)で販売する。

 フォーン7は、パソコン向けOS「ウィンドウズ7(セブン)」を土台に開発。タッチスクリーンを本格的に採用し、利用者が画面上の基本メニューをさまざまに変えられるようにするなど、使いやすさを追求した。

 また、インターネット経由のゲームサービス「XBox Live(エックスボックス・ライブ)」や音楽サービスの「Zune(ズーン)」のほか、ビジネス総合ソフト「オフィス」を使いやすくするなど、自社のソフトやサービスとの連携も強化した。

 マイクロソフトは、パソコン向けではウィンドウズやオフィスなどで圧倒的な強みを持つが、一般消費者向けの携帯電話用OSやタブレット型端末といった分野ではアップルなどに後れを取っていた。 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.ispace.co.jp/196/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
Windows Phone 7 from おまかせブログ2.0

Home > 日記 > Windows Phone 7

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン
This Page Counter: 3,728

Page Top