Home > マルチメディア > iPod 用 動画の自作

iPod 用 動画の自作

昨晩、iPod touch 用の動画を自作しましたた。何を作ったかは(恥ずかしくて)書けないのですが、そのやり方を記録しておきます。前提として、iPod touch や iPod nano, iPod classic を持っていることと、動画ファイル(aviファイル)を持っていることです。せっかくなので、動画はテレビのキャプチャーであればCMのカット、ハンディーカムで撮った動画も編集して、iPod 用の動画 m4v や mp4 に変換します。

■準備するWindoes用ソフト
前回、おまかせブログ2.0で紹介した「携帯動画変換君」 と avi 編集ソフトで有名な 「AviUtl」 を利用します。

■動画の編集
AviUtl を起動させ、AVIファイルをドラッグします。CMなど切り取りたい場所の開始と終了を指定したりして、切り取ったり抜き出したり自分好みの動画にします。完了したら、[ファイル]→[AVI出力(Ctrl+S)] でメニューを出すのですが、エンコードはどうするとかいろいろ聞いてきます。詳しくないので音声も映像も無変換で実行させ、良い子に待ちます。

■iPod用動画の生成
携帯動画変換君 は、Setup.exe を先に起動させ、「機種別設定:MP4ファイル, iPod向け設定」を選択します。その後、3GP_Converter.exe を起動させ、編集したAVIファイルをドラッグ&ドロップします。ここで、エラーが出る場合、おおもとのAVIファイルのコーデックが合っていないのでしょう。フリーソフトで全てを解決するための限界なのか、技術でカバーできるのか分かりませんが。。。。

ちなみに、iPod用動画の出力は、基本「AVC QVGA/高画質(600kbps)」で良いと思います。MPEG4 544×416/最高画質(2000kbps) で、最高品質の動画にしたい場合は、これまたおおもとの動画のサイズが(だいたい)4:3になっている必要があります。

さて、マルチメディア系のソフトでいつも気になるのは、パソコンのスペックです。厳密にはソフトが使う、メモリやCPU占有率です。例えば、MP3を iTunes で聞いている時に、メールを受信すると曲が途切れてしまったりすると「むかっ」ときますね。

今回紹介した2つのソフトはデフォルト設定で大きな差があったのは、CPU使用率です。AviUtil を使っている時は何もできませんでした。それに比べ、携帯動画変換君は、別の動画を見ながらでも処理が完了します。当然処理速度は遅くなりますので、出来上がりまでに時間がかかりますけどね。

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://blog.ispace.co.jp/81/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
iPod 用 動画の自作 from おまかせブログ2.0

Home > マルチメディア > iPod 用 動画の自作

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン
This Page Counter: 8,460

Page Top