Home > Linux

Linux Archive

CentOS + phpMyAdmin 3.3.9

phpMyAdminで運用管理した方が絶対に楽チン!ということで、phpMyAdminの最新安定版をインストールしてみました。ドキュメントルート以下に置くだけでも動きますが、エラーメッセージも気になりますので全てクリアーにしてみましょう!!

config.inc.phpを修正します。
config.inc.phpは、libraries/config.default.php をコピーすることにしました。

【セキュリティ対策】
phpMyAdminへのアクセスはソースIPアドレスでの制限しておきましょう

$cfg['blowfish_secret'] = 'omakase';

$cfg['Servers'][$i]['pmadb'] = 'phpmyadmin';
$cfg['Servers'][$i]['bookmarktable'] = 'pma_bookmark';
$cfg['Servers'][$i]['relation'] = 'pma_relation';
$cfg['Servers'][$i]['table_info'] = 'pma_table_info';
$cfg['Servers'][$i]['table_coords'] = 'pma_table_coords';
$cfg['Servers'][$i]['pdf_pages'] = 'pma_pdf_pages';
$cfg['Servers'][$i]['column_info'] = 'pma_column_info';
$cfg['Servers'][$i]['history'] = 'pma_history';
$cfg['Servers'][$i]['designer_coords'] = 'pma_designer_coords';
$cfg['Servers'][$i]['tracking'] = 'pma_tracking';
# cd scripts
# mysql -u root -p < create_tables.sql

CentOS で PHP 5.2

WordPressを使いこなそうとするとPHP5.2にせよ!と言われることが多くなりました。CentOSでPHP5.2を利用するためにはちょっとした技が必要です。

1) RPM-GPG-KEYをインストール
# rpm –import http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka

2) 設定ファイルの修正
# vi /etc/yum.repos.d/utterramblings.repo

[utterramblings]
name=Jason’s Utter Ramblings Repo
baseurl=http://www.jasonlitka.com/media/EL$releasever/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://www.jasonlitka.com/media/RPM-GPG-KEY-jlitka

3) アップデート
# yum update

PHP関係だけアップデートしたい人は処理が終わったら設定ファイルの
enabled=1

enabled=0
にしておきましょう!

yum json インストール

CentOSのPHPにJSONを組み込む方法のメモです。

# yum install php-devel php-pear libtool gcc-c++

引き続き pecl で json インストール
# pecl install json

設定追加
# vi /etc/php.d/json.ini
extension=json.so

httpd再起動
# /etc/init.d/httpd reload

転送時間 e+secs

FTPによるファイル転送後の標準出力にこんな時刻の表記があります。

749382284 bytes sent in 1.35e+03 secs (5.4e+02 Kbytes/sec)

これは、1.35 x 10の3乗という意味です。

よって、1350秒(約22.5分)ということですね♪

Windows7 や Windows Server 2008 で sambaにアクセス

sambaの設定を変更せずに、Windows7 や Windows Server 2008 からシェアディレクトリにアクセスするには、Windows側の設定変更で事足ります。

1. Windows 7 のセキュリティポリシーを変更する
スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」で「secpol.msc」と入力

※「コントロールパネル」→「管理ツール」→「ローカルセキュリティポリシー」

2. 「ローカルセキュリティポリシー」の起動
「ローカルポリシー」 > 「セキュリティオプション」の順に選択

3. 「ネットワークセキュリティ:LAN Manager認証レベル」の変更
値を「NTLM応答のみ送信する」に変更

4. Windows7を再起動♪

Home > Linux

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top