Home

おまかせブログ2.0

Fedora 9のベータ版リリース

最近、CentOSで遊んでいたらFedora 9のベータ版がリリースされていた・・。そう言えば、IT関連の仕事を始めてから約10年続けているのは、新しいLinux ディストリビューションを自宅のヘボPCにフルインストールしていることでした。

そのLinuxは普段はまったく活躍していないが、ちょっとした検証をしたい時に役立っています。大体が、マルチメディア系を使ったり、Webやメールをしてクライアント環境を使ってみてはやっぱりWindowsが最高だ!と思っていることが多いのですが・・。(サーバは別よ)

おじさんになって、新しいLinuxに触れ続けていることだけでもとても重要だったと実感しています。
ボケ防止に!

あなたが技術者であれば、何をし続けていますか?

Fedora 9のベータ版の記事を引用しておきます。

Continue reading

CentOS 5.1のネットワークインストール

CentOS は Red Hat 社が提供する Red Hat Enterprise Linux(以下 RHEL) をソースの段階から再コンパイルし、Red Hat の商標を取り除くなど、合法的かつ完全に互換性を持ったフリーな RHEL クローンのディストリビューションです。

訳あってCentOSを自宅のヘボPCにインストールしてみました。インストール用CDは6枚・・も用意するのはもったいないので、ネットワークインストール用のCDを一枚作成し、FTPインストールを実行。一晩で無事に完了しました。

CentOSロゴ

ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/centos/5.1/isos/i386
CentOS-5.1-i386-netinstall.iso

WebDAVは流行りそうで流行らない!?

apacheでWebDAVサーバを構築します。
※SSLでの通信
※BASIC認証でのユーザ認証
※mod_encodingによる日本語エンコード

■必要なアプリケーション(モジュール)
※インストールされているか確認し、インストールされていなければ yum でインストールしてください。
# rpm -q httpd
httpd-2.0.54-10.2

# rpm -q mod_ssl
mod_ssl-2.0.54-10.2

# rpm -q mod_dav_svn
mod_dav_svn-1.1.4-3

■mod_encodingのインストール
# wget http://yum.sera.desuyo.net/3/i386/mod_encoding-20040616-1.fc3.webdavjp.1.i386.rpm
# rpm -ivh mod_encoding-20040616-1.fc3.webdavjp.1.i386.rpm

■設定
apacheの設定
# vi /etc/httpd/conf.d/webdav.conf

Alias /webdav “/var/www/webdav”
<Location /webdav>
SSLRequireSSL
DAV on
AuthType Basic
AuthName "my WebDAV Server"
AuthUserFile "/var/www/etc/.webdavpass"
Require valid-user
</Location>

# mkdir /var/www/webdav
# mkdir /var/www/etc

認証用ID/PWの設定
# htpasswd -c /var/www/etc/.webdavpass [ID]

mod_encodingの設定
特に必要なし(/etc/httpd/conf.d/mod_encoding.conf)

■WebDAVの起動(apacheの再起動)
# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

■Windows(XP)からのアクセス(設定)

Continue reading

eaccelerator-0.9.5 インストールログ

  • 2008-03-08 (土)
  • PHP

eacceleratorをサーバにインストールすることで、PHPを高速化することができます。eacceleratorは、スクリプトを解析した結果を中間コードの状態で共有メモリ上にキャッシュします。よって、2回目以降の実行は構文解析を行わずに、キャッシュされた中間コードをダイレクトに読み込むことで処理を高速化させています。

付属の説明によると最大 10倍!の速度になるそうです。eacceleratorをインストールするには、apache1.3以上、mod_php4.1以上、autoconf、automake、libtool、m4が必要ですが、大抵の環境では条件を満たしていると思います。

eaccelerator-0.9.5 をダウンロード

Continue reading

PukiWiki 1.4.7_notbの実装

  • 2008-03-03 (月)
  • PHP

用語集としてのサイト構築で PukiWiki を採用してみました。PukiWikiは、自由にページを編集できるツール(CMS:コンテンツ管理システム)です。それらの作業はWebブラウザから行えるため、とても簡単です。訪問者が自由に書き込めるという点では、Web掲示板とちょっと似ているかもしれません。 Web掲示板はメッセージを追加するだけですが、PukiWikiは、すでに存在するページの内容を自由に変更することができます。

PukiWiki 1.4.7のインストールログ
1. pukiwiki最新&安定版(pukiwiki-1.4.7_notb_utf8.tar.gz)をダウンロード
2. FTPでアップロード
3. 解凍
# tar xvfz pukiwiki-1.4.7_notb_utf8.tar.gz
4. リネーム
# mv pukiwiki-1.4.7_notb_utf8 wiki
5. パーミッション設定
6. 設定ファイル (pukiwiki.ini.php) の編集

とりあえずの設定として、Auto Link の有効と新規ページの作成とページの修正にはBasic認証での制限を設けました。

Home

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top