Home

おまかせブログ2.0

ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のディスク障害と通知設定#4

ML110 G7 にCentOS5.8をRAID1の構成で運用し、ディスクが故障したらどうなるのだろうか?障害発生の前に障害発生時のキメゴトをしておいた方が良いので、障害の検知と復旧について記録しておくことにします。

まず、RAID1構成のCentOS5.8のHDDを起動中に無理矢理一つ引っこ抜くと、Manegementシステムはこのように変化しました。

RAID1のHDD障害時

当然HDD1つでもCentOS5.8は立ち上がります。

まず、Manegement Homepageを見なくてもメールで管理者に障害を通知する必要があります。
HDDに何らかの障害が発生したときにxxx@hoge.comに通知するには次の設定を行います(Trap全体を通知するアドレスを指定します)。

# vi /opt/hp/hp-snmp-agents/cma.conf
-- trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' root
++ trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' xxx@hoge.com

通知メールにはTrap-ID番号が記載されています。障害時の対応については別途記載します(たぶん)。
From root@localhost.localdomain Tue Jan 1 23:40:47 2013
Date: Tue, 1 Jan 2013 23:40:42 +0900
From: root
To: root@localhost.localdomain
Subject: HP Agent Trap Alert
 
Trap-ID=3046
 
Physical Drive Status Change: Slot 0 Port 2I Box 1 Bay 2.Status is now Failed.

CentOSでApacheが立ち上がらない 原因はNSS

CRON Weekly が実行されて急にCentOSのApacheが立ち上がらなくなった。

急におかしくなることは無いので、サーバ側・クライアント側で必ず何かしているはず。

原因はともかく、復旧させたいのだが、Apacheが出力するエラーも見えない・・・。

身内の技術者に問い合わせてみると

「ポート8443が怪しい」

# cd /etc/httpd/conf.d/
# grep 8443 ./*.conf
./nss.conf:Listen 8443
./nss.conf:<VirtualHost _default_:8443>
./nss.conf:#ServerName www.example.com:8443
# mv nss.conf /tmp/
# /etc/rc.d/init.d/httpd start

大成功 :mrgreen:

Etherealでパケットキャプチャー

ネットワークの障害が発生し、時間経って自然に復旧しました。原因は不明。技術者として推理ばかりしていても仕方ないので、実際にネットワークに流れているパケットをキャプチャーし解析することも重要です。Linuxであれば tcpdumpがキャプチャーソフトとして有名だが、その解析が大変です。もう一つ有名どころでGUIも対応しているEtherealを使ってみました。

今回は、Linux上でキャプチャーをして、そのログをWindowsで表示してみることをやってみました。
Linuxでのインストール
1. redhat系であれば rpm があるので ihv でインストール
※libpcap や net-snmp の rpmも必要です。

2. キャプチャーの開始 (詳細情報も取得する場合は、-V を付ける)
# tethereal -w /tmp/log

3. キャプチャーを見る
# tethereal -r /tmp/log

では今回の目的である、Windowsでキャプチャー結果を見てみましょう!

Continue reading

Home

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top