Home

おまかせブログ2.0

ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のリカバリー方法#5

ML110G7のオンボードRAIDコントローラB110iはノンホットプラグのRAIDが構築できるだけなので、リカバリーするには、一度電源を落とし、新しいHDDを交換してから再度起動する必要があります。

以下のスクリーンショットのとおり、デフォルトでリカバリーしようとするので、電源を入れるだけでOKです。また、修復中もOSは動きますので、言葉の通り「一度再起動」すれば勝手に元のRAID構成になります。

Smart Array メッセージ

B110iリカバリー

B110i再構築中

Continue reading

ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のディスク障害と通知設定#4

ML110 G7 にCentOS5.8をRAID1の構成で運用し、ディスクが故障したらどうなるのだろうか?障害発生の前に障害発生時のキメゴトをしておいた方が良いので、障害の検知と復旧について記録しておくことにします。

まず、RAID1構成のCentOS5.8のHDDを起動中に無理矢理一つ引っこ抜くと、Manegementシステムはこのように変化しました。

RAID1のHDD障害時

当然HDD1つでもCentOS5.8は立ち上がります。

まず、Manegement Homepageを見なくてもメールで管理者に障害を通知する必要があります。
HDDに何らかの障害が発生したときにxxx@hoge.comに通知するには次の設定を行います(Trap全体を通知するアドレスを指定します)。

# vi /opt/hp/hp-snmp-agents/cma.conf
-- trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' root
++ trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' xxx@hoge.com

通知メールにはTrap-ID番号が記載されています。障害時の対応については別途記載します(たぶん)。
From root@localhost.localdomain Tue Jan 1 23:40:47 2013
Date: Tue, 1 Jan 2013 23:40:42 +0900
From: root
To: root@localhost.localdomain
Subject: HP Agent Trap Alert
 
Trap-ID=3046
 
Physical Drive Status Change: Slot 0 Port 2I Box 1 Bay 2.Status is now Failed.

ML110 G7 CentOS5.8 iLO3と日本語化#3

ML110 G7 CentOS5.8 iLO3を利用して、電源のオン/オフくらいはリモートで行いたい。G7ではRemote Insight Boardが無くてもLAN1にLAN1ケーブルを挿しておけば、iLO3がにアクセスできます!IPアドレスはデフォルトでDHCPで割り当てられるため、HP System Manegement Homepageの
ホーム » マネジメントプロセッサー » Embedded HP ILO3 NIC
でIPアドレスを確認してください。

iLO3

ブラウザからそのIPアドレスにアクセスし、ハード筐体の横に貼り付けてあるタグに書かれているパスワードを使ってログインします。詳しくは、HPのiLO3リリースノートv1.5参照してください。

iLO3 v1.5の日本語化

現在の管理システムは英語なので日本語にしたくなりますので、また、HPから日本語化パッケージをダウンロードして適応します。

Integrated Lights-Out 3 Language Pack - Japanese 」から「sp58255.exe」をダウンロードしてください。

原文 HOW TO USE -
 
1. ご使用のオペレーティングシステム用の iLO3 言語パックSoftpaqを
ダウンロードします。
 
2. 以下の手順で言語パックをインストールしてください:
 
a) コンポーネントからターゲットディレクトリにlang_ja_yyy.lpk (yyyは言語パックのバージョン) が解凍されます。
これは、言語のイメージファイルになります。
 
b) iLO 3にログインし、Administration ->Access Settings->Languageタブに移動し、この言語パックをアップロードしてください。

ML110 G7 CentOS5.8 SPPインストール#2

ML110 G7 にCentOS5.8 用 SPPをインストールするには、ISOイメージをHPのサポートセンターからダウンロードして、LinuxのGUI上で展開する必要があります。

HP Service Pack for ProLiant ダウンロード
スケジュールに基づいた予測可能なリリース、柔軟な運用が可能。HP Service Pack for ProLiantは、包括的なコレクションから成るマスターリリースセットで、長期サイクルのためにすべて一緒にテストされたサーバー、コントローラー、ブレード、エンクロージャー用のファームウェアとシステムソフトウェア(ドライバー、エージェント、非エージェントツール、ユーティリティ)で構成されており、HP Smart Update Manager (HP SUM)によって展開されます。

HPの日本語は意味不明ですが、SPPとはHP Service Pack for ProLiantのことで、PSPの時とは違い husum を実行するだけで必要なパッケージが簡単にインストールされる仕組みとなっています。

SPPインストール方法
1.HPから 2012.10.0, SPP - ProLiant ML/DL/SL Red Hat Enterprise Linux Pack ISOイメージ をダウンロード
2.WindowsなどでCD-Rに焼く
3.必要なRPMをyumインストールする
4.おまじないをかける
5.CentOS5.8が起動しているML110 G7に入れマウントする
6.hpsumを実行する

Continue reading

ML110 G7 CentOS5.8 で真っ赤な画面#1.5

ML110 G7 CentOS5.8 RAID1 B110iドライバ適応インストールを行っていた時、インストールが終了したと思って再起動すると真っ赤な画面(レッドスクリーン)で止まってしまった。Windowsのブルー画面のようなエラー画面です。

身に覚えのあることはML110 G7にCentOS5.8のインストール時にB100iドライバを適応させパーティションを自動でお願いしたときにUSBをマウントしているドライブにもチェックを入れていたこと。そして、もういいだろうと思ってUSBメモリを再起動前に抜いてしまったことです。

  • パーティションを切るときにUSBメモリをマウントしたドライブのチェックを外す
  • CentOS5.8のインストールが終了し、DVDが出てきたところでUSBを抜く

で、真っ赤な画面レッドスクリーンはもう二度と見られませんでした。
★重要 上記は関係ないかもしれません!

ML110 G7レッドスクリーン

Home

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top