Home

おまかせブログ2.0

ML110 G7 CentOS5.8 RAID1のディスク障害と通知設定#4

ML110 G7 にCentOS5.8をRAID1の構成で運用し、ディスクが故障したらどうなるのだろうか?障害発生の前に障害発生時のキメゴトをしておいた方が良いので、障害の検知と復旧について記録しておくことにします。

まず、RAID1構成のCentOS5.8のHDDを起動中に無理矢理一つ引っこ抜くと、Manegementシステムはこのように変化しました。

RAID1のHDD障害時

当然HDD1つでもCentOS5.8は立ち上がります。

まず、Manegement Homepageを見なくてもメールで管理者に障害を通知する必要があります。
HDDに何らかの障害が発生したときにxxx@hoge.comに通知するには次の設定を行います(Trap全体を通知するアドレスを指定します)。

# vi /opt/hp/hp-snmp-agents/cma.conf
-- trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' root
++ trapemail /bin/mail -s 'HP Insight Management Agents Trap Alarm' xxx@hoge.com

通知メールにはTrap-ID番号が記載されています。障害時の対応については別途記載します(たぶん)。
From root@localhost.localdomain Tue Jan 1 23:40:47 2013
Date: Tue, 1 Jan 2013 23:40:42 +0900
From: root
To: root@localhost.localdomain
Subject: HP Agent Trap Alert
 
Trap-ID=3046
 
Physical Drive Status Change: Slot 0 Port 2I Box 1 Bay 2.Status is now Failed.

HP ML110 G7にCentOS5.8をRAID1で構築#0

HP ML110 G7にCentOS5.8をRAID1で構築ができたので、ホントかどうかもう一度やってみます。そして、その記録を残します。
これがブログの本質ですね。

HP ML110 G7にはハード的な特徴が2つあります。ひとつはHDDの交換が楽なハード設計、もうひとつはiLO3です。前者の特徴ならばノンホットプラグでもよいのでRAIDを組みたくなるのですが、オンボードで評判は良くないようですがB110i SATA RAIDコントローラが実装されていてRAID構成が安価に組めるのです。後者のiLO3は逆に評判が良くリモートからサーバーフル操作(コンソール操作、電源オン/オフ)を可能にする他、デバイス側のメディアマウントや、ネットワーク上のイメージファイル(ISOファイル)のマウントなどの機能や、消費電力管理(監視・制御)など、さまざまな管理機能有しています。

さて、まず仕様はこんな感じでいきます。

ML110 G7 B110i RAID1 CentOS5.8

筐体:HP ML110 G7 (仕様書PDF
HDD:追加でもう一本追加してRAID1
(250GB 7.2krpm ノンホットプラグ 3.5型 3G SATA ハードディスクドライブ 571232-B21)
OS:CentOS5.8
インストールアプリグループ:Desctop - Gnome, Server, Server - GUI
SPP:2012.10.0リリースノート
HP System Management Homepage v7.1.2.3
iLO3:iLOファームウェアバージョン 1.50 Sep 12 2012
 
別途、USBメモリとドライバを書き込むLinuxが必要です

HP System Manegement

iLO3

Home

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top