Home

おまかせブログ2.0

ML110 G7 CentOS5.8 RAID1 B110iドライバ適応インストール#1

ML110 G7を購入して普通にCentOSをインストールすれば普通にLinuxを利用できますが、RAID構成(RAID1)でLinuxを利用したい場合は普通のインストールではできません(CentOS5.8の今日現在)。また、BIOSでアレイコントロールを有効にして、RAID1ボリュームを作ってあげてもRAID1での構築はできません。CentOS5.8(おそらく6系でも)アレイコントローラであるB110iを正しく認識できないためです。

手順としては、HPからRedHat Enterprise Linux5.8用のドライバをダウンロードして、フロッピーあるいはUSBにそのドライバをdd展開して、CentOS5.8のインストールを Linux dd で始める必要があります。

1)HPからドライバをダウンロード
HPサポートセンターからドライバをダウンロードします。記事記載日時現在は

「HPサポートセンター」→「サポート & ドライバー」→「ドライバ&ソフトウェア」→検索から→「HP ProLiantサーバーML110 G7」→「Red Hat Enterprise Linux 5 Server (x86)」→「ソフトウェア - ドライバ ディスケット」→「** CRITICAL ** HP SmartアレイB110i SATA RAIDコントローラ ドライバ ディスケット for Red Hat Enterprise Linux 5(x86) (複数パーツダウンロード) 」

と進み、hpahcisr-1.2.6-13.rhel5u8.i686.dd.gz (448 KB)をダウンロードします。

ドライバを組み込むには、このドライバが入った別のメディアが必要ですので、次の2つが必要です。
1.Linux
2.USBメモリ(フロッピードライブ&フロッピーディスク)

基本的な流れはこうです。
1.gzファイルのままドライバをLinuxに持って行く
2.解凍gunzip hpahcisr-1.2.6-13.rhel5u8.i686.dd.gz
3.USBメモリ上にディスケット作成dd if=hpahcisr-1.2.6-13.rhel5u8.i686.dd.gz/dd.img of=/dev/sdd
dd if=hpahcisr-1.2.6-13.rhel5u8.i686.dd of=/dev/sdb

フロッピーの場合は、大体 /dev/fd0
USBの場合は、USBをさして、dmesg の下の方に書かれているデバイスを参照してください。
ちなみに、フロッピーもUSBもフォーマットやmountは必要ないです。
どのデバイス化はmessagesログを参照

Continue reading

Home

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top