Home

おまかせブログ2.0

CentOS7 でVPNが起動しない対処

大抵の場合、ごみを消せば直る。

# rm /tmp/.X11-unix -fr

systemctl は標準出力で何も言ってくれないので好きになれない・・・

CentOS に Real VNCで接続

CentOSをインストールしました。Linuxです。今や、Telnetでガチャガチャやるのは古くさい感じだと勝手に思い、CentOSにGnomeをインストール。そして、CentOSを触るのはやっぱりWindowsからが最適なので、VNC接続できるようにしました。

CnetOSには、VNC Serverの起動スクリプトと設定ファイルが用意されているので便利です。

1. VNCユーザの作成(vncuser とします)

2. vncuser でログインして、パスワードを設定
$ vncpasswd

3. /etc/vncservers を編集(rootに戻る)
# vi /etc/sysconfig/vncservers
VNCSERVERS="1:vncuser"
VNCSERVERARGS[1]="-geometry 1024x768 -nolisten tcp -nohttpd"

4. VNC Server を立ち上げる
# /etc/rc.d/init.d/vncserver start

Continue reading

VNCクライアントはRealVNC日本語版 #2

VNC (Virtual Network Computing)は AT&T ケンブリッジ研究所で開発されたシステムで、リモートマシンのデスクトップをWindowsマシンから利用できるようにするものです。VNCをWindowsから利用するには、RealVNC日本語版をお勧めします。RealVNC社作成のRealVNCに漢字キーの操作を対応させ、さらにリソースを日本語化したものです。今までは、ソースパッチと実行ファイルのみの配布でしたが、これは、インストーラ付きのバージョンです。したがって、本家RealVNCのインストールは不要です。
作者: UnderDone(あんでるどん)

VNC ビューワと呼ばれるものは、LAN・インターネットによって接続されているOSを、GUIで遠隔操作するソフトです。VNCは、Macintosh、 Linux、Solaris、Windows CEなどのさまざまなプラットーフォームに対応しています。つまりWindowsからMacintoshを遠隔操作したり、LinuxからWindows やWindowsからLinuxを遠隔操作することができます。

RealVNCはサーバ・クライアントソフトであるため、RealVNCをインストールしたOSからは、リモート接続することもされることもできます。

注意:
RealVNC Free Edition 4.1.2の日本語版です。RealVNC Ver.4.1.1は認証がスルーできてしまう脆弱性があるため、バージョンアップをお勧めします。

Fedora7でVNCをxinet経由で起動

Fedora7 にもなるとGUIが充実してきます。SSHでログインし、CUIで技術者っぽく設定をしているのも良いが、そろそろ、GUIやマルチメディア系も本格的に勉強していきたい!ということで、Fedora7 で VNCサーバを立ち上げて、Windows端末からGUIベースでアクセスすることにしました。今までは、Fedora7 に一度ログインして # vncserver コマンドを実行していましたが、xinet経由で起動させた方がOSを再起動した後も何もしなくて良いので実装させました。

Continue reading

Home

おまかせSearch
おまかせブログ 人気記事
おまかせFeeds
おまかせブログ Meta
おまかせLinks
おまかせPR
CoRichブログランキング
ブログランキング
blogram投票ボタン

Page Top